二見ヶ浦


<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< わらいふまつり 春 2011に行ってきました. | main | 第4回 ふたみ手づくりマルシェ レポート >>
近鉄特急で行く 伊勢神宮 朔日・十五日参り 二見めぐり
近鉄さん主催で 5月1日と5月15日 二見めぐりツアーが実施されます。

「近鉄特急で行く 伊勢神宮 朔日・十五日参り 二見めぐり」


ふたみ手づくりマルシェの代表が所属する、おかげまいりブランド戦略委員会が監修しました。

暖かい日差しの中、風の香りとともに、二見を喫できる行程で

御塩浜では毎年土用に濃い塩水を汲み、二見町荘の御塩殿にある御塩 汲入所に運び、御塩焼所で焚き上げ、御塩殿でお供えの堅塩を調製します。

神宮では『祭祀集覧』に「朝夕供進の御饌(神様のお供え)は、黒米の蒸飯、二見の堅塩、天忍井の御水、是の三種なり」と記されているように、生命の源である米・塩・水は太古から大御神の大切なお供えとされてきました。

堅田神社のご祭神 佐見都日女命は、この地方の国津神で倭姫命に堅塩を奉った故事があります。

皇族や各界要人を迎えた賓日館は、建物だけでなく庭も含め建築当時の一流建築家によるデザインです。

二見興玉神社は日の出で名高い夫婦岩があり、沖合700mの海中に鎮まる猿田彦大神縁りの霊石と伝えられる「興玉神石(おきたましんせき)」 を拝してまいりました。

松下社は「蘇民将来子孫家門」で名高い注連縄の発祥地です。

古来より「常世の浪の重浪が寄せ来るところ」と呼ばれ、五十鈴川の流が二手に分かれ注ぎ込む、清渚(きょきなぎさ)・二見浦へ 地元のガイドとともにる、ツアーです。



●日程
5月1日(日)・15日(日)

「汐風に心清める旅 二見めぐり」 (ガイド/二見浦まちなみ案内人)

●行程
発駅+++(近鉄特急)+++宇治山田駅(10:00 ごろ)
宇治山田駅===(三重交通路線バス)===西(バス下車)…御塩浜
御塩浜………御塩殿神社
御塩殿神社………堅田神社
堅田神社………多市屋(昼食)……賓日館(入館)
賓日館………夫婦岩・二見興玉神社
夫婦岩・二見興玉神社………松下社……民話の駅蘇民前
民話の駅蘇民前(バス上車)===(三重交通路線バス)===鳥羽駅(16:20 ごろ)
鳥羽駅+++(近鉄特急)+++発駅

●お土産/1日:赤福「朔日餅」(かしわ餅)
      15日:虎屋ういろ「季節のういろ」

募集締切日 各実施日の7日前
申し込みは、近鉄各駅営業所まで
電話でのお問い合わせ先
鉄道事業本部 名古屋輸送統括部 運輸部 事業課
電話 059−354−7009(平日の9時〜18時)

詳しくは近鉄さんのサイト

2010年 夏至の2日前
スポンサーサイト
Trackback URL
http://futamimarche.jugem.jp/trackback/56
TRACKBACK