二見ヶ浦


<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 【外宮奉納行事】旧神領民による木遣りが奉納されます。 | main | 御塩殿祭(みしおどのさい) 斎行されます。 >>
夏至祭 斎行されます。
夏至祭 斎行されます。

とき 6月21日  午前2時30分〜受付(申し込み必要)
        午前3時30分 夏至祭 祭典参列
        祭典終了後  禊修法(日の出は午前4時40分頃です。)


ところ 三重県伊勢市二見町 二見興玉神社



◇二見興玉神社では
午前3時30分より夏至祭を斎行し
続いて、日の出の時刻【午前4時40分頃】に合わせて禊行事が行われます。

※禊参加者は全国より老若男女を問わず
多数の御参加があります。

禊修法参加【21日のみ】 3000円
お風呂券・直会券(おこわ)が付きます。

服装
男性:鉢巻・褌  女性:鉢巻・禊着
(初回、禊教本・鉢巻は授与)

参加御希望の方は
二見興玉神社社務所
0596-43-2020

写真は2010年夏至の2日前



夏至は
一年で一番昼が長くなる日。
一年で一番太陽の力が強くなる日です。

夏至祭は
夏至の日の出と共に禊をする祭典で夫婦岩の前にて禊を行います。

古来より二見浦一帯は禊浜と尊ばれ
伊勢参宮を間近に控えた人々がその浜辺で汐水を浴び

心身を清め
罪穢れを祓うべく
禊祓をされた場所でありました。

また人々は夫婦岩から差し昇る『日の大神』を拝してまいりました。
はるかかなたにある常世国から、アマを照らして寄り来る神、すなわちアマテラス大御神であります。

特に夏至の日の出は夫婦岩の中央そして富士の背より輝き昇る朝日は筆舌に尽くし難い感動を覚えます。

一年のうち、最も日のエネルギーが溢れる夏至の日の出と禊の神秘を体感致したい方は是非



スポンサーサイト
Trackback URL
http://futamimarche.jugem.jp/trackback/146
TRACKBACK